注文住宅で家づくりをするのは、とてもとても疲れますよ。すみからすみまで自分たちで決めなくてはなりませんから。しかしそれが注文住宅の醍醐味であることは確かなことではあるのですけれどね。でも、本当に注文住宅での家づくりは疲れるのです。間取りや外観のデザインを決めるだけでも疲れます。設計士しているのは建設会社の設計士さんなのですけれど、しかし決めることだって疲れますよ。こちらは大金を出すのです。ですから気軽に選択を間違えられないじゃないですか。一戸建てマイホームを完成した後で、「あ、やっぱりナチュラル系の住宅が良かった」なんてなったとしても、もう変えることはできないのです。一戸建て住宅は金額が大きいですから、服の好みのように気軽には変えることができません。だからこそ余計に疲れてしまうのですよね。実際に一戸建て住宅の家づくりに入る前は、もっと気軽にぽんぽん決めていくんだと思っていました。しかし実際に家づくりを始めてみると、プレッシャーで何も決められない自分がいましたよ。