共働きの夫婦は注文住宅で快適な暮らしづくりを設計しよう

我が家は昨年、大手木造住宅メーカーで注文住宅を建てました。その結果、いまでは毎日夫とマイホームに大満足の日々です。特にわたしたち夫婦のような共働きの世帯には注文住宅をおすすめしたいと思います。本当であればこだわったところを一つ一つ細かく説明したいところですが・・3つにまとめてご紹介します。まず、なにより家事導線を考えた間取りが作れることです。自由な設計ができるのは注文住宅の特権ですが、我が家でも家事と育児のことを考えた間取りを設計しました。例えばキッチンは回遊型のペニンシュラキッチンを選び左右どちらからでも人が入れるようにしました。また子どもも嬉しそうにキッチンを走り回るので親としての喜びもひとしおです。普段忙しい共働き夫婦にとっては家事導線次第ではすごく時短になるため重要です。次に、採光です。我が家はリビングに3畳ほどの吹き抜けがありますがこれがあるとないとでは大違いで、光があったほうがやはり家の中の雰囲気までもが柔らかく感じられ子育てにも良い影響がありそうに感じられます。またリビングつづきに和室があるのですが南に位置するため日中は光を集めてとても良い心地・・子どもとお昼寝するのにも最適な場所です。家を設計するのに間取りばかり気になって採光を忘れがちですがこれも重要なポイントです。最後に、小さな庭でもよいのでやはり緑が家にあるととても癒されます。もちろん家の中にあってもいいのですが晴れた日にウッドデッキに出て子どもとお庭の木を眺めると、本当に戸建てにしてよかたと心から思います。仕事で疲れた体と心をマイホームで癒せるのは最高です。以上3点ご紹介しました。ぜひ共働きの夫婦にこそ、時短と癒しのために注文住宅で快適な暮らしづくりを設計してほしいと思います。