新築の住宅がよいと考える理由

中古の住宅にするか新築の住宅にするかということでかなり悩んだりすることもあったのですがやはり新築の方が良いということがありました。どうして新築にするのか、ということになりますがステータス性があるからです。まず、新築を購入したという事の方がステータス性があるというのは言うまでもないことではあるでしょう。新築の住宅を購入する時にはかなり大きな金額を用意しなければならないということになります。しかし、それでも新築のほうがよい、ということがわたしにはありました。それは最新の建築基準で作られているということが確定的なことになるわけですからそれがかなり重要なことになります。そういう意味において大事になってくるということが耐震性とか耐火性であるわけですから新築は基準法に適用しているという点が基本的には私の中でとても重要な要素としてありました。後は欲しいものとしていえば駐車場です。自分の敷地内に駐車場が欲しいとは常に思っていたのは確かです。